« 2010年11 月 | メイン | 2011年4 月 »

1 posts from 2011年1 月

2011-01-01

EeePC 901-Xをリカバリしました。

EeePC 901-XにUbuntuとWindows XPのデュアルブート環境を作っていましたが、色々と弄り過ぎてしまい、起動できなくしてしまいました。フリーズに伴う電源断を行ってから、Windowsが起動中に再起動を繰り返すという状況に…。

年内に復旧すべく作業していたものの、諸般の都合で年が明けてしまいました。でもまぁ、せっかく達成できたので、忘れないうちに記録を兼ねて書いておきます。

  1. まずはEeePCに付属のリカバリDVDで出荷時の状態に戻します。この時、起動に使える光学ドライブが必要となります。リカバリには選択肢が無く、Cドライブ、Dドライブともにすっかり初期状態に戻ります。
  2. リカバリしたSSDからWindowsを起動して、初期設定を済ませます。
  3. ネットから「EASEUS Partition Master」をダウンロードして、Cドライブにインストールします。
  4. Dドライブのパーティションを、Partition Masterで外付けUSB-HDDにコピーします。その際に容量を2GB程度に減らします。実際にはそれにも満たない容量しか使っていませんので、USBメモリでも良いかも。
  5. Cドライブをドライブとして丸ごと、Partition MasterでDドライブにコピーします。
  6. 変更を確定するとWindowsの再起動が始まります。再起動が終わったらDドライブを開き、WINDOWSフォルダがあることを確かめます。
  7. コピー先のドライブで「UNKNOWN」となっているパーティションを、ドライブの最後尾に配置します。その後、コピー先のCドライブ部分の容量を最大に変更します。
  8. 改めて再起動を行い、BIOSのBOOT設定でCドライブとDドライブの優先順位を入れ替えます。
  9. BIOSの設定変更後に起動させて、CドライブとDドライブが入れ替わっていることを確かめます。入れ替わりは両ドライブの容量で判断できます。
  10. 外付けUSB-HDDにコピーしておいた旧Dドライブのパーティションを、Partition Masterで現Dドライブへ戻します。その際、ドライブを入れ替る前のCドライブに相当するパーティションを削除するように指示します。
  11. コピーが終わったら、Windowsを再起動させます。無事に起動したら作業完了です。

起動ドライブを複製するにはMBRなども考慮する必要があり、手間を省く意図で、上記の手順ではCドライブを丸ごと複製しています。

付属のリカバリDVDに手を加えて省力化することも試す予定です。同DVDのRecoveryフォルダにある2つのファイルの名前を入れ替えれば、DVDからリカバリする時点でCドライブとDドライブを交換できそうな感じです。

DVDから作ったISOイメージファイルの中を書き換えられらばいいんですが、それに必要なプログラム(UltraISO)の評価版では容量の上限があり、試せませんでした。製品版のライセンスキーが届き次第、再挑戦します。

ブログ内検索

2017年10 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005