« LubuntuでFreeMindを使えるのは大きな利点 | メイン | git rebaseを初めて使って、ちょっとした感動を覚えました。 »

2012-08-19

Introversion Softwareのゲーム「Multiwinia」が面白いっ!

最近、MacOS版の「Steam」環境で、Introversion Softwareの「Multiwinia」というゲームを楽しんでいます。どんなゲームなのかはSteamストアの詳細ページで動画を見ていただくとわかりやすいでしょう。例えるなら、ボコスカウォーズ(古い?)、レミングス、ピクミンと言った感じ。小さいキャラクタを集団で操るものです。

表示が3D CGではあるものの、最近の「これって実写?」的な表現ではなく、どことなく昔の8ビット機のドット絵を連想させる雰囲気になっています。映画「トロン」などのサイバーな電脳空間(笑)を強調した感じ。ただ、手抜きというわけではなく、小さなキャラクタの群れは、ちゃんと個々に細かい動きを見せ、独自に攻めたり逃げたりもします。

ゲームとしては基本的に陣取り合戦ですが、ルールやステージ、参加する陣営の数や勢力の差などで内容が変わってきます。攻守がはっきり分かれているルールでは、立場によってまったく違ったゲームになります。シングルプレイでAIと対戦する際、油断しているとあっという間に拠点を押さえられて、全滅まで時間の問題…なんて場面もけっこうあります。まぁ、単に下手ってことなんですが。

ほとんどの場合、開始時点で一定数のキャラクタが存在して、以降は一定時間ごとに一定の数だけ増えます。増えるのを待って一気に攻めこむか、少数でも開始直後から相手に向かっていくか、フォーメーションを組んで陣地の防衛を優先するか…戦略の選択が勝敗を決めます。強力なアイテムを入手できれば形勢逆転もあり得ますが、やはり序盤がだいじなようです。

本体の突入に先駆けておとりのグループを向かわせたら、タイミングがずれて両方共…とか、陣地の拡大に熱中していたら、背後から自陣の拠点を奪取された…とか、広い視野で考える練習にもなります…かね?空から降ってくるアイテムの回収も重要。放置しておくと相手に取られて、容赦なく使われます。

見た目が地味(失礼!)ではあるものの、中身は実は凝っていて、やり込めそうなゲームです。MacOS版とWindows版があり、Windows用のデモ版もあります。Steamストアの詳細ページからダウンロードできるようなので、興味がおありでしたらお試しあれ。

ちなみに、標準設定では1回のプレイ時間が数分〜30分程度。ちょっとした空き時間にも楽しめます。ただ、数百という数のキャラクタや環境全体の処理が高負荷らしく、iMacがかなりの熱を持ちます。その点からも、長時間のプレイは控えるのが良さそうです。


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012877429a4e970c01774434b32b970d

Listed below are links to weblogs that reference Introversion Softwareのゲーム「Multiwinia」が面白いっ!:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

« LubuntuでFreeMindを使えるのは大きな利点 | メイン | git rebaseを初めて使って、ちょっとした感動を覚えました。 »

ブログ内検索

2017年10 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005