« auの受信拒否をPCから設定するとちょっと便利。 | メイン | Windowsでマウスホイールを使うなら、Wheel Redirectorも。 »

2012-09-22

トラックボール「LOGICOOL M570」が使いやすい件

トラックボール派(?)に転向して以来、LOGICOOL TM-150 を愛用してきました。トラックボールとしてはやや小ぶりのボールなれど、シンプルかつ安定していて、とても良い製品です。

ただ、シンプルゆえに若干の不便さも。上下ボタンというか進む・戻るボタンというか、左右クリックに加えて小さいボタンが2つはあるものの、いわゆる「ホイール」はありません。そのため、標準の動作ではスクロール操作がちょっと不便だったりします。

別のプログラムを併用すれば、「ボタンを押しながらボール操作=ホイール動作」という割り当てができるので、WindowsでもMacOSでもその種のソフトウェアを利用してきました。しかしこのところ「ながら操作」がやや負担に感じることがあるのと、ボタン操作の頻度ゆえか、ボタンの反応が悪くなってきた感がありました。

LOGICOOL TM-150 の新調も考えましたが、この機会にホイール付きのトラックボールを試そう!と思い立ち、ネットや店頭で調べたのが1ヶ月ほど前。数日間の調査と思案の結果、やはりLOGICOOLでしょう、ということで、LOGICOOL M570 を選択しました。

電池の心配もあるし、ワイヤレスである必要はない…と思っていた私ですが、いざワイヤレスのLOGICOOL M570 を使い始めて、食わず嫌いを反省しました。ケーブル1本でも、机上から減ると思いの外、すっきりするものですね。電池の持ちも、仕様上は1年は持つらしく、多用したとしても数ヶ月単位かと。

肝心のホイールは十分に便利かつ快適。もうちょっとヌルヌルした感触でも良いかな?とは思いますが、独立したホイールがあり、ボールと使い分けられるのはやはり便利でした。それに加えて戻る・進むボタンもあり、Webの閲覧やフォルダ間の移動で重宝します。

思った以上に便利に感じたのはLinux(Lubuntu)で使った時。別にソフトウェアを併用する必要がなく、本体を接続するだけで機能するので、LinuxでもMacOSやWindowsと同じ割り当てで使えます。ノートPCでLubuntuを使う私にとっては、タッチパッドより楽なこともあり、これまた助かります。USB接続のレシーバは超小型で、ノートPCに挿しても邪魔になりませんし。

そんなこんなで、親指操作のトラックボールとして、LOGICOOL M570 は個人的にはとってもお薦めの機種です。ボールの大きさとか右手専用とか、本体の質感(プラスチックっぽさ?)など、好みによる点はありますが、価格の面でもかなりイケてると思います。ぜひ試しを。

私自身は自宅で試して非常に気に入ったため、作業効率の向上を図るために職場でも導入してもらいました。机の上の操作スペースを専有しない点でも良い選択でした。

関連記事


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a012877429a4e970c017ee3ace3d1970d

Listed below are links to weblogs that reference トラックボール「LOGICOOL M570」が使いやすい件:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

この記事へのコメントは終了しました。

« auの受信拒否をPCから設定するとちょっと便利。 | メイン | Windowsでマウスホイールを使うなら、Wheel Redirectorも。 »

ブログ内検索

2018年2 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005