« バレットジャーナルの新しい記号をぜひお試しあれ。 | メイン | 夜間走行の自転車を横からも気付きやすくしてみました。 »

2015-07-08

ファットバイク通勤時のパンク対策に2つだけでも持っておくと安心♪

仕事帰りにファットバイクに乗ろうとしてふと見ると、後輪のブロックタイヤに何か挟まっているものが。何かと思ってつまんでみたら、ネクタイピンのような形状のものでした。「しまったぁ!」と思ったのは後の祭り。耳をすませば「シュー」という寂しい音が聞こえるのでありました。はい、パンクです。orz

タイヤのブロックパターンに挟まる形で、ちょうど谷間の薄いところを長さ1cm弱のピンが貫通していたんですな。まぁ、走行中にピンが抜けて空気も抜けるよりずっとましでしょう。そんなわけで急遽、駐輪場の片隅をお借りしてパンク修理と相成りました。

その際に「持ってて良かった…」と痛感した品があるので、その他も含めてご紹介。もし可能なら積んでおくと安心ですよ。

パンク修理キット

当然、これは必需品。しっかり修理するのであればゴム糊を使うのが良いようですが、私はシールタイプの「イージーパッチキット」を携行しています。ケースが小さく携行に便利。ゴム糊を使わず、ヤスリがけしたチューブに貼り付けるだけでOK。高圧タイヤと違い、ファットバイクだと高くても14PSI(1気圧)程度ゆえ、それなりの耐久性を発揮してくれるのではないかと。

小型ポンプ

これも必需品。ロードバイク用の超小型だとポンピングが大変そうなので、それよりは大き目の「ポケット ロケット マスターブラスター」を常備しています。フレームに取り付けておけるので、邪魔になりません。フロアポンプに比べると1回で入る空気が圧倒的に少ないので、ぺしゃんこのファットバイクのチューブを膨らませるには相応のポンピング回数を必要とします。こつこつと空気を入れましょう(入れました)。

空気圧ゲージ

これは無くても何とかなります。目分量(?)や押した感触で空気圧を調整できる人なら不要でしょう。私はまだまだ自分の感覚では不安なので、「デュアルヘッドデジタルゲージ」を使っています。冬場の超低圧でも測定できるのが利点。

タイヤレバー

これも無くても何とか。ファットバイクのタイヤは十分に空気を抜けば手でも外せるので。でもまぁ、レバーを使うと作業は楽でしょう。

タオル

100円ショップのフェイスタオルのようなもので良いので、1枚持っていると何かと重宝します。場合によっては油や泥で汚れるので、雑巾代わりにしても惜しくないものがお勧め。

……そんな訳で、不器用な私でも30分ほどでパンク修理完了。その後、1時間弱で10kmを無事に自走して帰宅できました。今のところは修理したタイヤに異状はなし。今後しばらくは後輪に留意しつつ乗ります。

追記 - 翌朝も空気圧は変わっておらず、朝の通勤も快走できました。ひとまず安心かな。念のためにチューブ交換についても調べておかねば。


コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

« バレットジャーナルの新しい記号をぜひお試しあれ。 | メイン | 夜間走行の自転車を横からも気付きやすくしてみました。 »

ブログ内検索

2017年6 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005