48 posts categorized "テレビ番組"

2013-06-05

水曜どうでしょう祭 UNITE 2013 チケット発売日でした。

今日は待ちに待った「水曜どうでしょう祭 UNITE 2013」のチケット一般販売開始日でした。しかし、既にネットに情報が出ているように、文字通り「あっという間」に完売となりました…。めったに無い経験なので、下記に記録しておこうかと。

続きを読む "水曜どうでしょう祭 UNITE 2013 チケット発売日でした。" »

2008-10-17

劇的3時間SHOW

最近は情報に疎くなっちゃって、ネットで記事を拝読するまで全く知りませんでした。


「水曜どうでしょう」藤村Dがテレビ業界に物申す!(webザテレビジョン) - Yahoo!ニュース

日本を代表するクリエーター10人が自身の作品、技術、経験などを3時間かけて伝えるライブショー「劇的3時間SHOW」が、6日から15日まで都内にて開催された。12日には、北海道で制作された人気番組「水曜どうでしょう」(HTB)のディレクター・藤村忠寿氏が登場。ゲストとして、同番組のディレクター兼番組ロケのカメラマンを担当する嬉野雅道氏が出席した。

参加なさった方がブログで要約を公開なさっているのを拝読。なるほど、物作りのごくごく端っこにいる私にとっても、下記の部分などは参考になります。


【レポート】劇的3時間SHOW・藤村忠寿(水曜どうでしょう) - ProjectDD Blog
何に力を入れていたか?

  • 自分たちの仕事をする環境を整える。つくる環境、まわりの環境を変えていくことが大事。
  • 企画、アイデアがあるだけではなく、それをカタチにできないとダメ。つくる機会(いわゆる環境)をどれだけつくれるか。
  • 目的が「面白いテレビをつくる」であれば、ローカルでも全国でも、つくり方は変わるはずがない。ビジネスモデルはあとからついてくる。
  • どうでしょうは、テンポ、リズム、間。テンポが気持ちいいと見れちゃう。テンポをはっきりとつかむ。

2006-02-13

自宅を"ボイジャー"化!

熱心なファンが多いことで有名な"スタートレック"ですが、自宅をまるごと宇宙船"ボイジャー"に仕立ててしまった人がいるんですねぇ。自分のホームページを劇中のコンピュータ画面風にする人は珍しくありませんが、自宅を改造しちゃうとは...。(^_^;

続きを読む "自宅を"ボイジャー"化!" »

2006-01-17

ドラマ期待度ランキング

"新作テレビドラマ 期待度ランキング"という調査があるんですね。そのニュースの中で大泉さんに触れている部分がありました。

30代では、フジテレビ系『小早川伸木の恋』が3位にランクイン。唐沢寿明、藤木直人、谷原章介とイケメンキャストがズラリと揃い、「キャストに好きな人 が多いので、是非観たい」(関東圏/女性)など、内容もさることながら、キャスティングによる期待度もかなり高い。また、意外(?)と、「大泉洋さんが好 きなので見ようと思った」(関東圏/女性)、「大泉洋さんに期待!」(関東圏/男性)といった、大泉洋に対する声も多く、彼の存在も1つのポイントとなり そうだ。

"意外と"とは心外だなぁ。でもまぁ好意的(?)に扱ってもらってるのかな?(^_^;

ちなみに劇中の大泉さんはやや癖のある性格(?)で、初回を観た限りではちょっと方向性を誤った正義感のようなもので突進している気が...。ただの良い人で脇役に徹するよりも出番が多そうで嬉しくもあるんですが、なぜか心配してしまいます。あくまでも"役"なんですけどね。

2005-11-08

オーストラリアの蠅

かつてどうでしょう斑がオーストラリアを縦断した際、特にミスターが被害にあった"オーストラリアの蠅"は、今も他の番組のロケ隊を悩ませているんですね。

撮影隊を悩ませているのが、ハエと砂。大量発生したハエは、油断すると衣装が真っ黒になるほどたかる。ハエが飛んでNGになることもあり香取は「一生ハエのこと嫌い!許せない!!」とプンプンだ。

口に飛び込んでしまって、"べろべろばぁ"とは言わなかったのかな。(^_^)

2005-11-06

朗フォントの一般発売

どうでしょう祭グッズで話題の"朗フォント"が遂に一般発売となります。明日11月7日(月)10時からHTBグッズ取り扱い店で購入できるそうです。下記サイトには既に商品説明ページがあり、準備万端とお見受けします。(販売開始前ゆえ、在庫数はゼロですが。)

違法な複製品がネットオークションに出回ってたりしますが、"藩士"であれば正規品を入手して欲しいものであります。

ちなみに、明日からの発売分は"矢印の左右が逆になってる"件が直ってるのかな?手元にある初版への対応を問い合わせるつもりで、すっかり忘れてました...。

【追記 2005.11.07】 11時を回った時点で上記サイトを覗いてみたら、朗フォントの在庫がゼロ!もう売り切れちゃったんでしょうか?すごい勢いですなぁ。増産してくれるのかな?

2005-11-05

水曜どうでしょう祭グッズの一般発売

水曜どうでしょう祭公式ホームページの最新ニュース(下記に引用)をご覧になったでしょうか?ローソンのロッピーで取り寄せになっている祭グッズを一般発売するそうです。

みなさんのご要望にお応えして、どうでしょう祭グッズを11月7日(月)からHTBグッズ取扱店ならびにHTBオンラインショップで販売開始いたします。
祭を熱く盛り上げたあのグッズも!会場に行けなかった方でも祭の雰囲気を感じることができるあのグッズも!ぜひこの機会にお買い求め下さい。
(なお、取扱商品などの詳細は各販売店にご確認ください)

どうでしょう斑の日記に書いてあった、"販売終了ではなく一時的な品切れであり、急いで増産中"というのは、こういうことにつながってたんですね。これでだいぶ入手しやすくなるんじゃないでしょうか。

ん~、また何か買いたくなっちゃうなぁ。ロッピーの時のようにあっと言う間に予約終了ということはないでしょうから、焦らずにじっくり考えようっと。

2005-11-03

水曜どうでしょう 2005年 第3夜(ネタバレ無し)

今日の第3夜の前枠・後枠は、先日のどうでしょう祭の会場で公開収録したものでした。放送が待ち遠しかったなぁ。ごく短いコント(?)の時間だけですが、祭当日の貴重な映像です。

前枠は祭2日目の夜、後枠は祭最終日の昼のそれぞれトークイベントの最後に、ステージ上から客席へ向かって撮影しています。なので、出演陣の背後には1万数千人の観客がいる訳ですが、全員がしーんと静まって笑いもしないという、出演陣にしてみれば嫌な状況だったでしょう。しかし、ディレクター陣からの指示通りにじっと立つ大勢の"藩士"の図は、映像で観ても壮観でありました。

さて本編はようやく動きが出てきて、第1~2夜とは雰囲気が変わってきたような。来週も期待してます。(ネタバレ無しということで。)

2005-10-21

鈴井貴之編集長 大泉洋

dsc04823大泉さんの本がかなりの勢いで売れている模様です。北海道新聞にはページの幅いっぱいの広告が出ました。札幌駅周辺の大きな書店では一番目立つ売り場で大量に平積みしていたり、ネット上の書店では入手難のところもあったり。

ネット上では価格についての不満やグラビアページの是非(^_^;に関する話題を見かけましたが、個人的には面白い本だと思います。ここまでまとまった内容のものは既存の記事にはありませんでしたよね?特にご両親へのインタビューは、先日の祭(2日目)に参加した藩士が読むと当日の光景が蘇えると思います。ぜひ!

そういえば、未だにアンダルシアの夏を観てませんでした!何で忘れてたんだろう?週末に何とか...。

2005-10-20

どうでしょう祭 DVD化を切望!

ここに書いてもしかたないんですが、やっぱり書きたいので一言。

"どうでしょう祭の映像をDVD化してください!"

祭はあの時あの場所だけのものであって、DVDにするというのは趣旨に反するのかも知れません。でも、来場できなかった皆さんにもあの場の様子・雰囲気を、せめて映像であっても見て欲しいと思いまして。

D陣の"今日の日記"を含む全てのトークイベントを無編集で収録して欲しいくらい、DVD複数枚になって高くなっても構わないくらいの気持ちです。あの珠玉のマシンガントークあるいは打ちっ放しの千本ノックを、ぜひまたこの身に受けたい!

せめて、次回のDVDの特典映像としてわずかでも良いので、ぜひぜひご検討をお願いいたします。 >関係各位

【追記】 公式サイトの掲示板、10月20日分の嬉野さんのコメントに、"そのうちチラッとDVDのオマケ映像あたりで"という一文がありました。あくまでも願望とのことですが、期待して待ちます。はい。もっとも、今後のDVD発売の予定も未定な訳ですが。(^_^;

ブログ内検索

2017年10 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005