20 posts categorized "@コンピュータ"

2011-08-18

iMacがぐっすりスリープするようになりました。

我が家のiMacは購入した当初から、いつの間にかスリープ状態から復帰して、あったかくなっていることがありました。時にはその状態で更にフリーズしたのか、電源ボタンの長押ししか効かないことも。

ネットで情報を収集して試行錯誤を続けてきましたが、結局は「ネットワークアクセスによってスリープを解除」(システム環境設定>省エネルギー)を無効にすることで解決したようです。

同項目が有効だと、2時間おきに一旦、スリープから復帰するとか。本来ならその後また、自動的にスリープするのだと思いますが、その際に何か起きるんでしょうなぁ。

使い慣れたトラックボールとUSBキーボードを接続して、Bluetoothを無効にしたのも関係しているかも知れません。IS05とかBluetoothレシーバとか、影響しそうな機器もあることですし。

何はともあれ、iMacがぐっすりスリープして、確実に復帰するようになって一安心です。

2011-08-10

ICONIA TAB-A500がAndroid 3.1になりました。

8月2日に一旦、延期になっていたアップデートが、8月9日から始まりました。漢字の字体が直るということで、早速、適用してみました。

ICONIA TAB A500-10S16 Android™ 3.1アップデートOTA配信開始のお知らせ」の内容を確認して、手順に沿って操作するだけ。再起動の際に数分待つ場面があり、大丈夫かな〜と思ったものの、無事に更新できました。

モトヤフォントのおかげで日本語の表示が正しく・綺麗になりました。細かい使い勝手にも改善があり、これで一件落着といったところですね。

 

2011-08-09

DelphiでObject Pascalプログラミング。

仕事の関係でDelphiを使うようになりました。プログラミング言語はObject Pacsalです。他の言語の文法と混乱したり、Delphiの多彩なコンポーネントに戸惑ったりで、ようやく全体が把握できそうな状況。そろそろ成果に結び付けないといかんですね。

昔のInside MacintoshはPascalが標準言語だったり、かつてTurbo Pascalをかじったことがあったり、一時期はKylixに挑んだことがあったりで、Pascalには多少の馴染みがあったのが幸いではあります。オブジェクト指向の部分はC++やRubyと似てますし。

私にとっては色々なGUIを実現するための各種コンポーネントに慣れることが課題です。似たような機能だけど、こっちを使う方が無難とか、広く利用される手法なれど、実はよろしくないとか、明文化されてない情報や経験がけっこうあるようです。

最終的には経験者である同僚に教わる必要があるものの、まだ尋ねるにも無理がある段階だったのです。あと一歩といったところでしょうか。さぁ、今日も参考書を片手に、どんどん進めるぞ、と。

2011-08-06

Windows UpdateのエラーがSFCで解決。

Windows7が動いているPCで、いつの間にかWindows Updateがエラーを出すようになっていました。エラーになるのは64ビット版IE9への更新プログラムで、何度試みても毎回「不明なエラーが発生しました」で終了。IE9のインストーラを単独でダウンロードして実行しても「既に最新版になっています」と出るし、IE9を削除しようにも対象の一覧には見当たらないし。はて?

IE9が使えないだけならさほど困らなかったのですが、元々のIE8を起動できなくなっていたので、困ったなぁ…と。主にFirefoxとChromeを使うのですが、作業によってはIEが必要ですので。ネット上の情報を検索した結果、インストールしたソフトウェアの情報に何らかの原因で不整合が生じると、前述のような状況になると知りました。それを解消するには、WindowsのSFCというプログラムを使えば良いとのこと。

他の方法を見付けられなかったので、SFCコマンドを試すことに。操作は簡単で、コマンドプロンプトを開いて下記を実行するだけ。数分後には、修復の結果を記録したログファイルの所在を表示して、実行終了。

sfc /scannow

ログファイルの内容を確認したところ思いの外、多くの修復の記録が残っていました。ということは…と期待しつつ再起動をかけると、今まで出なかった「更新プログラムを構成しています」の表示。再起動とログインを終えてWindows Updateをかけると、IE9のインストールが始まりましたっ!\(^O^)/

IEじゃないとうまく動かないウェブサイトもあり、少々困っておりましたが、これで一件落着。なんで不整合が生じたのかが気にはなるものの、追求できそうにないので、ひとまず終了とします。

2011-08-05

FreeMindでフォントを滑らかに表示する設定

Windows7でgdippを使っても、JavaアプリケーションであるFreeMindには効きませんでした。マインドマップの中だけは、ギザギザが目立つ残念な表示に…。

でも、下記の要領で環境変数を設定すると、Java独自のアンチエイリアス処理が有効になるそうです。早速、試してみたところ、FreeMind 0.9.0では見事に滑らかな文字になりました。

   * コントールパネルから「システム」を開きます。
   * 「システムの詳細設定」の「環境変数」を開きます。
   * 「_JAVA_OPTIONS」という名前の変数に「-Dawt.useSystemAAFontSettings=on」という文字列を設定します。

なお、MacOS Xでは上記の設定を施さなくても滑らかな文字になります。FreeMind 0.8.1ではギザギザになるので、FreeMind自身でアンチエイリアスを効かせているようです。

2011-08-04

Miguフォントを使い始めました。

これまでM+IPAフォントを利用してきて、最近になってMiguフォントに切り替えました。平仮名と片仮名がプロポーショナルになっているのが好ましく感じまして。MacOS XでもWindows 7でもwebブラウザの表示が同じようになり、見易くなりました。特にMacOS Xにはきれいなフォントがたくさんありますが、LinuxでもWindowsでもM+IPAを使ってきて、その系統の文字にすっかり馴染んでいるのです。

Windows 7にはgdippを入れてあります。システムの文字表示処理に手を加えるソフトウェアゆえ、場合によっては問題があるそうですが、これが無いと作業に差し支えるくらい愛用しています。Windows XPにおいても、私にはgdi++は必須でしたし。で、せっかくのお気に入りのフォントなので、システムフォントもMiguフォントに変えてみました。うーん、良いっ。普段とは違うフォントを試したいかたにお薦めします。

ついでにICONIA TAB-A500にも入れてみました。中国語の文字を流用して表示していた漢字が正しい日本語の文字になり、見易くなりますね。もっとも、8月2日に延期となってしまったOSのアップデートが始まれば、モトヤフォントが採用となるはずで、手を加えなくても綺麗な表示になるでしょう。できれば複数の日本語フォントが入っていて、選べるようになるといいんですけどね。

2011-08-03

Firefoxでgdippが効かない場合の対処方法

ある日、Windows7で動作しているFirefoxで、gdippが効かなくなりました。見慣れた滑らかで綺麗な文字ではなく、がたがたで美しくない文字に…。Firefoxの更新があるという通知に対して、実行を指示したのが失敗だったかと、一瞬だけ後悔。

でもGoogleで「firefox gdipp」を検索すると、すぐに対処方法が見付かりました。
「about:config」で「gfx.direct2d.disabled」の設定を「true」に変えることで、gdippが効くようになるとのこと。変更後にFirefoxを再起動させると、gdippによる綺麗な文字が復活。一安心。

なるほど、新しいFirefoxでは、ハードウェアの機能で画面表示を高速化した関係で、gdippがフォントの処理を横取りできなくなった訳ですな。ゆえに、その高速化を無効にして、従来通りにソフトウェアで処理するように指示すれば、綺麗な文字を表示できる、と。ふむふむ。

場合によっては設定変更で別の問題が出ることもあるそうですが、少なくとも私の場合には読みやすい文字の方が大事ですし、幸いにも他の問題は無さそうです。これでまた気にいった環境で作業できます。作者・開発者・先駆者の皆さんに感謝。

前述の描画処理の都合上、Javaで書かれている「FreeMind」もgdippの効果がありません。Javaが独自に文字を表示するそうで、gdippが描画処理を横取りできないそうです。マインドマップを作る際に重宝しているソフトウェアゆえ、できることなら美しい文字で表示させたいところですが、今のところ対策は無いようです。残念。

2011-07-31

ICONIA TAB-A500での日本語入力

いくつかの日本語入力ソフトウェアを試して、結局は標準のSimeji for ICONIA TABを使っています。この機種向けになっているだけあり、ソフトキーボードの大きさがちょうど良い感じです。数字キーが英字モードの記号モードにあるので、モード切り替えの手間がちょっと気になりますが。

NicoWnnGならPCで見慣れた配列のフルキーボードを使えるものの、横画面でもやや狭い印象を受けます。タッチタイプにも挑みましたが、物理的なキーが無いこともあり、かなり練習しないと厳しいかなぁ。

他のOpenWnn系のソフトウェアは、試した範囲ではタブレットへの対応が今一つで、キーの高さが低すぎて操作に無理がありました。キーの高さを調整できる場合でもスマートフォンが前提で、最大に設定してもまだ低いとか。

Simeji for ICONIA TABへの不満は、変換候補の表示が出たり消えたりする際に、キーボードの位置が微妙に変わってしまう点です。動きとして分かるものの、表示がちらつくのが気になりますなぁ。他の日本語入力ソフトウェアではそうならないものもあるので、今後の改版に期待してます。

同ソフトウェアはフリック入力も可能で、当初は縦画面ではフリック入力を利用していました。でも、タブレットだと縦画面でもフルキー入力の方が便利に感じて、今のところは常にフルキーでローマ字入力してます。タッチタイプは保留して、主に両手の中指による二本指で。意外に軽快に打てて、これはこれで楽しいですよ。

2011-07-28

タブレット用のスタンドが便利。

ICONIA TAB-A500で文章を入力する機会が思いの外、多くなりました。そういう時には横画面にして、両手でローマ字入力したくなりまして、テーブル等に置いて使うことになります。するとやはり、ちょっと角度をつけたくなる訳です。

とりあえず手近な物で背面を支えて使っていましたが、安定しなかったり角度が一定にならなかったりで、今一つ。針金ハンガーで自作するのもありですが、iPad向けのアクセサリを使って見る事にしました。

2011_07_28_05_51_10

使用時の形状はこんな感じ。iPad向けのため、足の部分を最大まで開くとICONIA TAB-A500にはちょっとだけずれます。そのため、手前側の足を少し調整しています。

2011_07_28_05_51_24

折り畳むと小さくなるし軽いので、本体を持ち出す際に一緒に携行しても良さそうです。

2011_07_28_05_51_56

背面のスピーカーからの音が聴きやすくなる利点もあり、ネットラジオで音楽を流しつつ作業してます。初代iPadの純正ケースのように、軽くて角度をつけられるケースが出てくれると嬉しいなぁ。

2011-07-27

ICONIA TAB-A500用のソフトケース

タブレット端末を裸で持ち歩くのは心配なので、ソフトケースの類いは必要であろう…と思い、ヨドバシカメラ札幌店で探してみました。その結果、寸法と価格でバッファローコクヨサプライのソフトインナーバッグ(SIBG05BK)に決定。寸法は280×190mm、実売価格は367円でした。

収納した状態はこんな感じ。まさにぴったり。

2011-07-27-07-07-12

幅はちょうど内寸と同じくらい。出し入れで引っかかることはありません。衝撃吸収性は期待できないので、あくまでも擦り傷防止と考えるのが良いかと。

2011-07-27-07-09-59

奥行も深過ぎず、ちょうど良い具合。発熱の可能性を考慮すると、この状態では充電しないのが無難?

2011-07-27-07-07-53

参考として、重ねた状態も。うーん、ぴったり。

2011-07-27-07-09-25

店頭で見付けた範囲では最安値の製品でしたが、収納した上で鞄に入れる場合なら、本体の保護用としては十分ですね。とっても軽いし、お薦めですよ。

ブログ内検索

2017年12 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005