« 2017年10 月 | メイン | 2018年1 月 »

4 posts from 2017年12 月

2017-12-25

〔レポート〕行ってきました、KHS四季祭

2017年12月24日、札幌市内でのKHSファットバイクのユーザーミーティング「第2回 四季祭」に参加してきました。都合が読めず参加表明していなかったので飛び入りになったのですが、OKとのことでありがとうございました。

20171224-ファットバイク

四季祭とは

南風自転車店さんが主催の、KHSファットバイク「ATBシリーズ」のユーザーミーティングです。「四季」はATBシリーズの相性である「4Season」に由来するそうです。市内の数か所を巡るコースを走り、ユーザー間の親睦を図ると言った感じです。

なお、基本的にはKHSのユーザーミーティングですが、他社の自転車での参加も歓迎ということで、Surly、Salsa、Bronxの方もいらっしゃいました。

今回は同店を出発後、市内4箇所のチェックポイントで集合して、北大を目指しました。途中の経路は各自にお任せということで、何となく数台ごとのグループを構成しつつ走ってきました。

今年の状況

昨年は結構な積雪の中、真っ白な雪景色の中の道庁赤レンガ庁舎前で集合といったことをなさっていたので、今年も楽しみにしていたのですが、あいにくの雪の少なさ…。

当日の経路上の圧雪は中島公園の中くらいでしたね。車道のほとんどは舗装が出ていて夏タイヤでも十分な感じ。日陰の車道や多くの歩道は凍結してましたし、街中の歩道はロードヒーティングが多くて乾燥していました。

終盤は水たまりも多くて、ファットタイヤの跳ね上げが気になることもありましたスパイクタイヤのピンは路面を叩いて鳴るし、うーむ、ちと残念…。まぁ、天候はどうしようもないんですけどね。

路面以外のことでは、大通公園で外国人観光客の方と接する場面がありました。若いカップルがファットバイクに興味を示したことに参加者の一人が反応して、自分の自転車で試乗を。実に楽しそうに走って、リアルに「いいね!」をやっていました。(^_^)

別の親子連れは駐輪中のファットバイク集団をバックにして写真撮影を。その後、お子さん2人が戻ってきて「トライしたい」と言うので、自分のATB500にまたがってもらいました。弟の方は抱っこでサドルに乗るのが精一杯でハンドルが遠かった模様。^^; 兄に方はハンドルに手が届くものの、自分を支えるには至らず。二人とも、もうちょっと大きくなったらまた挑戦してね♪

今回の参加者

えーと、参加者は15名だったかな?17名?途中で離脱してスキーに行った人がいたり、途中のチェックポイントから参加した人がいたりして、正確な人数を数えそこねました。^^; 年齢は17歳から68歳までと幅広いユーザーが集まっていました。遠方からの参加では江別から自走という強者が。すごいなぁ…。

嬉しかったのがTwitter上でやり取りした方とリアルにお会いできたこと。冬も乗るならファットバイクという選択肢もあり、ぜひ南風自転車店さんへと伝えた方が、実際に来店してすっかりファットバイク乗りになっていらっしゃいました。フレームにアイコン入りの自作ステッカーを貼っているのが初めて役立ったかも。

参加者とはチェックポイントごとの休憩時に雑談したり情報を交換したり。各人各様のカスタマイズがあって、参考になった点が多々ありました。まずはリアフェンダーを装備したいなぁ。既製品を流用している方もいれば、ホームセンターで材料を調達して自作という方もいて、非常に勉強になりました。あとバッグ類も。この辺りはいわゆる「沼」にハマりがちで危険ですね。

車両という面ではやはりスタンド付き、キャリア付きの自転車が目立ちました。さすがは南風自転車店。今回のように移動先で駐輪する機会が多いと、やはりスタンドは有用です。立てかける場所を探す必要がなく、寝かせておいて場所を取ることもありません。若干の重量増加があるものの、街乗りにおける実用性はそれを上回ると感じます。あと、トピークのリアキャリアも良かったなぁ。だいぶ大柄で荷物をしっかり積めそうです。重さも増すでしょうけど、実用性は十分と感じました。

それにしてもSalsaのフルカーボンファットバイクは軽かった…。持たせてもらった感じはATB500はもとより、CarryMe並みに感じたなぁ。日本に1台しかないとか。すごい…。

今回の締め

今回のゴールは北大生協の食堂でした。エルム食堂は行ったことあるんですが、こちらの食堂は初体験。大好きなカレーを見つけて、ついついヒレカツカレーの大盛りを。好みのお味で満腹になりました。

20171224-カレー

食後には今回の記念品であるKHSさんご提供のTシャツを掲げて記念撮影を。夏に着てもいいし、冬に重ね着として薄手の長袖の上から着てもいいかも。KHSさん、ありがとうございました!

その後は食堂前で解散して、真駒内まで自走してきました。総走行距離は約30km。いい運動になりました。今年も残り数日。走れる日にはファットバイクで自転車通勤しようと思いを新たにした日でありました。

2017-12-22

ファットバイクにお勧めのフラットペダル

南風自転車店のご店主が下記のブログ記事で、とあるペダルを紹介なさっています。

記事中のパラトルーパー用着脱式フラットペダルを私もKHS ATB500に取り付けておりまして、1年を通して重宝しております。数年間使ってきた感想は下記のような感じです。

  • フラットペダルですが、しっかりしたピンが出ているおかげで靴が滑る心配はまずありません。むしろ足の位置を直そうとしてもずれないので、ペダルから足を離す必要があるくらいです。夏の雨でも冬の雪でも安心して走れます。
  • ペダル全体は十分な大きさがありながら、大部分が抜いて(?)あるので雪が詰まりにくくなっています。強力なピンと相まって、雪中走行でもしっかり踏めます。
  • 駐輪場ではペダルを外してワイヤーロックで留めてしまえば、幅をとらず邪魔になりません。ドッペルギャンガーのスマートパーキングヘッドなどを併用すると、一般的なラックの下段に駐輪できたりします。
  • 着脱部分の強度は十分のようで、数年間使い続けていて不具合なしです。時々、着脱機構の部分の清掃と注油を行う程度の手間で運用できますよ。

上記のような感じで、ファットバイク用としてお勧めのフラットペダルです。駐輪場での利用例は過去の記事にて。

展示品がある販売店は少ないのかな?南風自転車店さんなら現物があるはずなので、ご興味があって立ち寄れる方はぜひ見てみてください。

2017-12-13

〔ネタバレなし〕ガールズ&パンツァー最終章第1話はいいぞ!

ガルパン最終章の第1話を劇場で観てまいりました。内容のどこに触れてもネタバレになりそうなので、内容には触れずにお勧めしてみます。

ガルパンを観たことある人へ

ぜひとも観ましょう。安定の効果音、安心の戦車、コミカルでありかっこよくもあるキャラクター、どこもかしこもガルパンです。さらにはキャラクターの意外な面も見られて興味深いものがあります。TV、OVA、劇場版に出てきたキャラクターは程度の差はあれ登場しますし、今後も出てくる模様。それぞれの変化にもご注目。

すでに多くのレビューで密度が濃いと評価を受けていますが、ほんとにそうです。短編OVAとは思えない情報量と展開ですし、各所においてツッコミが追いつきません。ちらっと映る場面などを考えると、一度の鑑賞では足りないと思います。なので、リピートする気満々です。

ちなみに私は冒頭の場面からオープニング曲までの間でリピートを決意しました。次は4DXで観たいのですが、それは第2話公開時までおあずけのようですね。しかたないので次も一般上映だぁ。

ガルパンを観たことない人へ

正直言って、初見だと何が何やら分からないと思います。少なくともTVシリーズ全話、または動画配信で良ければ総集編を観てからの方が良いかと。できれば劇場版、さらにはOVAも観ておくとなお良いかと。今までの話を踏まえてという展開が各所に出てくるので、知らないと楽しさが格段に下がりそうで心配です。

尺の都合でキャラクター紹介も状況説明もなく、冒頭からいきなり本題に入ります。知ってる人ならワクワクニヤニヤが止まらないところですが、初見だと満喫できない気がします。とは言え上映期間の都合もあるので、ひとまず劇場で見てからレンタルDVDで、というのもありかな。そして「あぁ、そういうことかぁ」と感じてから、再度劇場へ赴きましょう。^^;

その他

今回はキャラクターの視点からの映像が効果的に出てきます。ゲーム(FPS)をやる人なら見慣れた感覚でしょう。もしこんな雰囲気のガルパンのゲームが出たらポチッと行かざるを得ないかも。

オープニング曲の「Grand Symphony」は映画の雰囲気にぴったりです。オープニング映像にもいろんなネタが入っているようで、もう一度はしっかり観たいですね。第3話までのOP曲だそうなので、2~3話にはこんな場面があるのだろうか…と想像が膨らみます。

というわけで、月並みにもほどがありますが、「ガルパン最終章もいいぞ」としか言えない私です。個人的にレオポンチームのファンでして、ちょっとした見せ場があって嬉しかったなぁ。レオポンさんの駆動音が大好きなんですよ♪今後の活躍にも期待しますっ。

2017-12-03

〔レビュー〕Windows 10ノートPC ASUS VivoBook E203NA-464G

先日、私物のノートPCを入れ替えました。他の機器との比較を交えつつ、レビューを書き留めてみます。当該機種の利用を検討している方の参考になれば。

VivoBook E203NAについて

今回導入したのはASUSのVivoBookです。型番はE204NA-464Gで、11.6インチ(1366×768)の液晶画面、4GBのメモリー、64BGのディスク(eMMC)を備えています。日本語キーボードを備えたごく普通のノートPCであり、本体重量が900g台という軽さが大きな特徴です。入出力端子はUSB、HDMI、オーディオを備えていて、一般的な用途なら困ることはなさそうです。

OSはWindows 10 Home 64ビット版で、電源を入れてから10秒ほどでログオン画面が出ます。ログオンしてからの動きは軽快で、Webブラウザーの利用やテキスト主体の作業なら難なくこなせます。画像や動画を扱うようだとちょっと重たい感じかも。とりあえず、ヤフオクの出品作業はさくさく捗りましたので、作業する場所の傍らにおいて使うにはちょうどよい機種です。

液晶パネルは光沢型で画像がきれいに見える反面、照明や自分の顔の映り込みが気になるので、手待ちの他の機器と同じく反射防止型の液晶保護フィルム「OverLay Plus」を貼りました。好みによるとは思いますが、見やすくなって快適でございます。液晶パネルがIPS方式ではないようで、画面を見下ろすと白っぽく、見上げると黒っぽくなります。なるべく正面から見るのが良いですね。画面が180度まで開くのは見やすい角度を確保するためかな?おかげで膝の上で使う時でも見やすい角度に調整できます。

ACアダプターはプラグを収納できないのが残念ですが、十分に軽くて小さいので、適当なポーチに入れておけば持ち歩きに困りません。USBコネクタからは充電できないので、緊急時にモバイルバッテリーを使うのは無理ですね。

Windows 10が動作するので、Windows版のアプリケーションを普通にインストールできます。大容量のアプリケーションはディスク容量が不足しますし、重い処理を実行するアプリケーションは動作が遅くて実用にならないとは思いますが、LibreOfficeやテキストエディターなどは問題なし。もちろんGoogle Chromeも使えますが、タブを開きまくったり高負荷の機能拡張を山盛りにしたりという使い方は避ける方がいいでしょうね。メモリーが4GBあるとはいえ、デスクトップ機と同じように使おうと思うと不満が出てくるでしょう。

ディスク容量の関係でSteamのゲームをインストールするのは厳しいようですが、他に高性能なPCをお持ちであれば、Steamのストリーミング機能を利用してVivoBookからプレイできます。試しにPUBGとCS:GO、地球防衛軍4.1をやってみたところ、思いのほか遊べました。さすがに専用機であるSteam Linkと比べると今一つではありましたが、CS:GOのボットで練習するくらいは実用可能と感じます。

Cameringo_20171203_143643_noexif

バッテリーは無線LANを多用した文書作成などで6時間は持ちました。それ以上はまだ試していませんが、出先で無線LANを切るなどした省電力状態にすれば、仕様どおりの7時間近くは使えるかも。そんなに連続で使うことはあまりないでしょうから、感覚としては朝から夜まで使える感じかな?もちろん、動画再生を続けるとけっこう早くバッテリーが減ります。

ドスパラ DG-D09IW2と比較して

同じWindows 10搭載機であるDG-D09IW2にキーボー付き専用ケースを組み合わせると、VivoBookとかなり近い使い勝手になります。私にとって大きな違いは下記の2点です。

  • クラムシェル型(非分離で二つ折り)の筐体なので画面の角度調整が自由で、膝の上など不安定な場所でも使いやすい。DG-D09IW2はタブレットとキーボードがケースだけでつながるので、安定して使うには平たい場所が必要ですし、画面の角度が固定。
  • 画面が11インチと一回り大きめ。DG-D09IW2は9インチで持ち歩きに便利な反面、老眼が進んだ私にはちと厳しい…。

タブレット単体でも使う人であればDG-D09IW2は有利だと思いますが、私の場合はほぼノートPCとして使ってきたため、VivoBookの方が有利という結論に至りました。小さめのショルダーバッグには収まりませんが、今は大きめのリュックを主に使っているので持ち出す際にも問題なし。

Cameringo_20171203_121154_noexif

Cameringo_20171203_121154_noexif

ASUS ChromeFlip C100PAと比較して

同じASUSのC100PAはクラムシェル型で10インチということもあり、VivoBookとかなり似た感じになります。当初はC100PAで十分と感じてVivoBookを見送ったのですが、下記の理由で今回の導入に踏み切りました。

  • Windows 10が動作するので各種のソフトウェアを利用可能。個人的にAutoHotKeyおよびClipboardHistoryを愛用しているので、それらを使えるのは大きいですね。Cygwinもインストールできるし、PowerShellの勉強にも使えますし。
  • 画面が11インチとやや大きく、キーボードの配列が一般的なので、デスクトップと併用するのに向きます。個人的にCapsキーとCtrlキーの入れ替えが必須なので、それを実現できるのも大きな理由です。
  • ChromeBookの起動時間の短さは特筆ものですが、VivoBookもひけを取らないことを実機で確認できたため。電源ONからログイン画面までがC100PAの7秒に対して、E203NAでは10秒です。

C100PAはGoogle Chromeを活用する分には十分な性能と使い勝手ですし、特化している分だけ使いやすい点もあります。ただ、VivoBookではChrome以外のユーティリティプログラムを使えたり、システムをカスタマイズできるという点が大きな利点となります。

Cameringo_20171203_121333_noexif

Cameringo_20171203_121333_noexif

しばらく使ってみて

前述の2機種とVivoBookを使い比べてみて、結論としては「VivoBookは良い!」となりました。まぁ、私の使い方ではDG-D09IW2をタブレットとして活用しませんでしたし、C100PAをタブレットモードで使うこともありませんでしたから、最初からノートPCを選ぶべきだったんでしょう。

持ち歩き用と収納用にMacBook用のスリーブケースを使っています。封筒型で入れるだけのケースで、かさばらずに本体を保護してくれます。ACアダプター、HDMIケーブル、Blueutoothマウスは無印良品のナイロンブック型ポーチに収めてみました。本来はコスメ用品入れらしいですが、PC周りの小物を収めるにも便利です。

Cameringo_20171203_150303_noexif

Cameringo_20171203_150303_noexif

VivoBookにはSIMスロットがなく格安SIMでインターネット接続という訳にはいきませんが、スマートフォンまたはSIM入りタブレットのテザリングを使って出先でネットを使えています。格安SIMの実効速度でもテキスト主体の作業なら十分に対応できます。

もちろん自宅内でも活躍してくれており、居間で家族と相談しながら作業する時とか、デスクトップPCの前にいられない状況でクラウド系サービスを使いたいときなどに重宝しています。

VivoBookをメインのPCにするのはあまりお勧めしませんが、サブのPCとしてなら強くお勧めします。あと、できればメモリーは4GBのモデルをお勧めします。Windows 10搭載で2GBモデルだと、アプリケーションプログラムを使う際のメモリーに余裕がなく、動きが重くなることが多い気がしますので。

ブログ内検索

2018年11 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005