« ISW11SC(au)とDRC-BT30(SONY)が良い感じ。 | メイン | 雑誌「自転車と旅 Vol.9」はキャリーミーが大活躍。 »

2012-11-23

stoneのお陰でSMTPのエラー調査が可能に。感謝!

FileMakerの便利さと不便さの間で日々、はまっている感のあるshukakuです。最近取り組んでいるFileMakerのスクリプトでメールを送ることがありますが、時々、送信エラーが発生。FileMakerのエラーは「1506 Eメールは正常に送信されませんでした」というもので、原因を特定できるような情報は無し。調べ方に困っていました。

送信に使っているSMTPサーバがGmailのものであり、サーバ側のログは参照不可。送信元のFileMakerにはメール送信のログを記録する機能がなく、こちらも調査不可。であれば手元に中継用のSMTPサーバを置いて、そこでログを取得しよう!という訳で、Windows Server 2008のサーバ機に「機能の追加」でSMTPサーバを追加しました。

ドメインやログなどの必要事項を設定して、スマートサーバとしてFileMakerからのメール送信をGmailに中継させたところ、詳細なログの取得に成功。しかしここでまた別の問題が。FileMaker→IISの送信は全て成功するので、FileMaker側ではその後のIIS→Gmail間の送信エラーに気付けません。ログを監視するにも不便。うーむ。

しばし悩み、ネットで情報を検索していた際に、「stone」で中継したデータをダンプできるとの記述を発見。別の件でstoneは利用していますが、オプション「-p」の存在を知らなかったという…。早速、「-p」を付加したstoneでSMTPを中継してみると…見事にSMTPの要求・応答がログに残るじゃありませんか。

IISのSMTP機能が「メールを一旦受信して、改めて本来のSMTPサーバ宛てに送り直す」のに比べて、stoneでは逐一、透過的に送受信データを中継してくれます。ゆえにGmail側で生じたエラーもそのままFileMakerに伝わり、メール送信エラーを検出・通知できます。もしエラーが生じたら、その時点での詳細なSMTPのログを参照することで、「なぜEメールが正常に送信されなかったのか」を調査できるのではないかと。

有用な道具についての知識と、問題解決のための手段の発想…どっちも大事ですね。特に今回のstoneのように、いろいろ使い方ができる道具については、良く知り、よく考えなくては。で、現時点で打てる手は全て打ったので、あとは問題のエラーの再現を待つばかり。再現性が今一つなのが難点ゆえ、速やかに再現してくれることを願う今週末でございます。

 


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a012877429a4e970c017d3e0d4b87970c

Listed below are links to weblogs that reference stoneのお陰でSMTPのエラー調査が可能に。感謝!:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

この記事へのコメントは終了しました。

« ISW11SC(au)とDRC-BT30(SONY)が良い感じ。 | メイン | 雑誌「自転車と旅 Vol.9」はキャリーミーが大活躍。 »

ブログ内検索

2018年11 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005