« 書籍「エンジニアのための時間管理術」が座右の書となっています。 | メイン | 第11回MMD杯の予選が開催中。どれだけ見られるかな? »

2013-07-28

Google ChromeのOmnibox Timerで、ちょっとした「後でやる」を確実に。

「後でやる」ことを忘れないために

日々の作業において、「後でやる」ということは頻繁に発生します。下記のような、予定として通知を設定するほどではないものの、やり忘れるのはよろしくないという作業、けっこうありませんか?

  • 電話をかけたら離席中だったので、後でかけ直す。
  • 時間がかかる処理の完了を確認する。
  • カップ麺のできあがりを待つ、

今までは小型のタイマーを使ったり、Googleカレンダーに通知付きの予定として入力したりしていました。でももうちょっと便利で手軽なものを…と思っていた時に拝読したのが下記の記事。

その「Omnibox Timer」をMacOS X上のGogole Chromeにインストールして、すっかり気に入ってしまいました。長所は下記の通り。

  • ChromeのURL入力欄(=オムニボックス)に「tm 時間 メッセージ」という形式で入力するだけで、簡単にタイマーを設定できる。
  • 複数のタイマーを設定でき、「1時間後の打ち合わせ」と「5分後の電話」という場合でも大丈夫。
  • 通知の表示が「メッセージ」を含むので、複数のタイマーを設定してもそれらを識別できる。

私にとっては現状で十分に便利なのですが、「これができれば…」というちょっと惜しい点も。後日、作者さんに要望してみようと思っています。

  • 設定したタイマーの一覧を表示する機能がない。
  • 設定したタイマーを解除(削除)する機能がない。

MacOS Xでは不便?

前述の記事には「MacOSだと通知メッセージが自動的に消えてしまい不便」といった記述がありますが、これはMacOS Xの設定変更で対処できます。記事の原文(英語)のコメントでも指摘がありました。

まず、アプリケーション「システム環境設定」を起動して、「通知」を選択します。 20130727-system-preferece-01

次に対象アプリケーションとして「Google Chrome」を選び、通知スタイルを「バナー」から「警告パネル」に変更します。バナーは表示の数秒後に消えますが、警告パネルは利用者が指示するまで表示したままになります。

20130727-system-preferece-02

警告パネルとしてOminibox Timerの通知を表示させると、「閉じる」というボタンが付きます。それをクリックするまで、通知を表示したままになるので、見落とす心配がなくなります。

20130727-notifications

お試しあれ

単機能でシンプル過ぎる感があるものの、実用性は十分。設定時間を1秒後にすれば、画面上に付箋を貼るような使い方もできます。ぜひ一度、お試しあれ。


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a012877429a4e970c0191046ec8f0970c

Listed below are links to weblogs that reference Google ChromeのOmnibox Timerで、ちょっとした「後でやる」を確実に。:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

この記事へのコメントは終了しました。

« 書籍「エンジニアのための時間管理術」が座右の書となっています。 | メイン | 第11回MMD杯の予選が開催中。どれだけ見られるかな? »

ブログ内検索

2018年11 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005