« 2018年1 月 | メイン | 2018年11 月 »

3 posts from 2018年2 月

2018-02-20

エレコムのトラックボール M-XT2URBKの初期不良が3連続…

トラックボールといえばロジクールという私でしたが、M570のスイッチがくたびれたり、ホイールのチルト機能がないことを不満に感じるようになり、乗り換えることにしました。その際に遭遇してしまった不具合と対処を記録しておきます。

エレコム M-XT2URBK

長く使ってきたロジクール M570に不満を覚えて、切り替え候補に選んだのがエレコムの親指タイプのトラックボール「M-XT2URBK」。同じ形状で有線式と無線式があり、電池交換が不要で接続の不安がなさそうな有線式にしました。

余談ですがエレコムさんは左手用トラックボールも出してくれているのがとても好印象。あいにくと私は左利きながら右手で操作するので、使う機会はありませんが…。

M-XT2URBKはUSB接続するだけでマウスとして機能しますし、メーカー提供のユーティリティを使うとボタンの機能割り当てを変えることもできます。ホイールのチルトをWindows 10の仮想デスクトップの切り替えに使っても便利ですよ。

2017年後半からエレコム製品を使い、ボタン部分のスイッチの反応やボール操作の快適さが気に入ったので、2018年に入ってから別のPC用に買い足しました。

初期不良 1回目

年明けに購入した同型機は使い始めてから1週間ほどでボール操作に反応しなくなってしまいました。ボールを転がすとマウスポインターが動きはするものの、移動中にひっかかるような動きになり、意図したようには動かせない状況に。ボールに触れていないのにマウスポインターがプルプルと震えたり。マウスポインターの動きは急速に悪化して、翌日にはほとんど動かなくなってしまいました。

エレコムのボール(黒玉)はM570のボール(青玉)と同じ寸法なので、試しに青玉を入れてみると、正常に操作できます。ボールの劣化なのかセンサーの不具合なのか…。いずれにしても初期不良なので、販売店へ持ち込んで相談。その場で交換ということになり、ひとまず安心して持ち帰りました。

初期不良 2回目

しかし残念なことに、交換した品でも1週間後に同じ症状が…。今回も黒玉を抜いて、代わりに青玉を入れると正常に動きます。はて?

また販売店へ持ち込み、店頭のPCで不良を確認してもらい、確かにボール操作に反応しないということで、2回目の新品交換ということに。店員さん曰く、同じロットで同じ不具合という可能性も…とのことでしたが、ひとまず自宅へ。

初期不良 3回目

そして数日後…またしても同じ症状が出てしまいました。マウスポインターがひっかかるなぁと感じていたら、数時間後には全く動かなくなりました。プルプル震えはするんですが…。

相変わらずロジクールの青玉を入れれば問題なく動くので、トラックボール本体側のセンサーは正常な感じです。逆にM570にエレコムの黒玉を入れるとまともに操作できないので、どうやら黒玉が不具合の原因?

汚れた手でボールを操作することはありませんし、ボールを拭いたり洗ったりしても症状は同じ。黒玉を入れた他のトラックボールもおかしくなるということは、黒玉の寿命が1週間?購入時には表面に何らかのコーティングが施してあり、使用中にそれが劣化してセンサーが反応しなくなる、とか?

さて、どうしましょ?

一応、販売店とメーカーには報告しようと思います。全ロットがこんな状況だと苦情殺到でしょうから、私が手に取ったロットが不運だったと思いたいところですが、Amazonのレビューには同様の事例がいくつも載っているんですよねぇ…。

ロジクールの青玉に変えると正常なので、試しにAmazonで別のボール単品を調達してみました。それで正常に使えるなら初期不良での交換を受けずにそのまま使ってもいいかなぁ、とも思っています。

別のPCで先行して使っている同型機は今も全く正常なので、製造ロットの問題のようにも思いますが、トラックボーラーなので使えなくなると作業が滞って困ります。何とか安心して使えるようにしなくては…。

2018-02-15

〔PUBG〕初めてドン勝!しかも2回、でも0キル (^_^;

先日、PUBGで初めてのドン勝を経験しました!といってもスクワッドの一員として参加させていただいたもので、私個人の戦績としては0キルなんですが。^^;

ソロプレイの日々

2017年7月にPUBGをプレイし始めてから、ずっとソロでやってきました。いわゆるフレンドさんが居なかったし、見知らぬ人とランダムでチームを組むのも勝手がわからず…。空き時間にソロで参戦して、実況動画で戦い方を勉強する感じでした。

複数人で参加している動画はたくさん観ていて、楽しそうだなーとは思いつつ、ソロならやられても迷惑をかけず気楽ではありました。

実況コメントにお邪魔

少し前からヒロMさんのライブ配信を拝見していて、わいわいと楽しそうだなぁと思い、コメントでお邪魔するようになりました。ドン勝をばんばん取るというより、勝っても負けても楽しんでる雰囲気が性に合ったのかも知れません。

ヒロさんをはじめとするメンバーの皆さんが実況中にしばしばコメントを拾って反応してくれるので、視聴者として嬉しくなるというのもあります。だからといって連投しちゃいかんですが。^^;

初体験の数々

コメントへの反応やお誘いをいただいて参加したいぞーと思い、都合が合った日に思い切って参加をお願いしたところ、快く加えていただきました。何せボイスチャットすら初めてだったので右往左往してしまい、実況中にDiscordの設定やSteamフレンドの登録などでお手数をおかけしました。m(_ _)m

プレイ開始後はDiscordでの会話がクリアで遅延がないことに驚いたり、ゲーム内で他のメンバーが居ることに感動したり、撃たれた時に助けられたり助けたり、メンバーとやりとりしつつ相手と戦ったり…初体験の数々でありました。

せっかくのドン勝だったのに、すっかり舞い上がっていてスクリーンショットもハイライトも撮っていないという、なんとも残念な有様でしたが、リプレイデータはロックしておいたので、見返してニヤニヤできます。

経験者からの学びは大きい…

実況を観ているのとは違い、リアルタイムに体験すると気付くことが色々ありますね。的確な指示のおかげで攻撃を回避できたり、正確な索敵によって優位な場所を確保できたり、物資の確保と分配を経験したり。

諸般の事情でスクワッドへの参加機会が少ないのが実情ですが、またぜひ機会を見つけてライブにお邪魔しようと思っています。その際にはどうかよろしくお願いします。m(_ _)m

2018-02-10

〔PUBG備忘録〕序盤で遠くに降りてみたり

下手の横好きでPUBGをこつこつプレイしています。プレイに関して気付いた点や思ったことを、自分用の備忘録として書き留めておきます。

いち早く装備を整えるため、飛行機の航路に近い場所へ降下して、物資を漁るのが定石とは思います。でも私は素早い行動がどうにも苦手で、装備を整える前に他のプレイヤーにあっさりとやられることが多くて…。その対策として降下地点を遠くに変えることが多いです。

飛行機から降下を始めたら、早めにパラシュートを開いて遠くまで滑空します。ぼーっと見ているとさすがに時間がかかるので、距離を考えつつWキーを押したり離したりして降下速度を調整。時間はかかるもののマップの端の方まで行けたりするので、うまくいけば序盤の混戦を避けて、敵のいない場所で落ち着いて装備を調達できます。

その後に安全地帯が近くに来ればフル装備で待ち伏せできたりしますが、なかなかそうはいきませんね。逆に安全地帯が遠くになると、降下に時間を要しているのですぐにエリアの縮小が始まり、急いで物資を漁って移動する羽目になります。もし乗り物がないとマラソン大会の様相を…。その時は索敵と射撃の練習だと思って諦めたりもします。^^;

飛行機の航路も安全地帯の中心も毎回ランダムに決まるので、運要素がとても大きいのですが、なるべく人が少ないであろう場所を狙うのはありじゃないでしょうか。実際、2 killで#2までいけたりしましたし。

ブログ内検索

2018年11 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005