23 posts categorized "ゲーム"

2014-03-07

BORDERLANDS 2の楽しみ方の1つ

このところ「BORDERLANDS 2 」というゲームをやっています。分野としてはFPS(一人称視点のシューティングゲーム)とRPG(ロールプレイングゲーム)を組み合わせた感じ。アクションゲームは下手な私ですが、経験値を溜めてレベルを上げることで強い敵を倒せたりします。そして他ではあまり見ない特徴を利用して「ひゃー!」という感覚を味わうこともできます。

続きを読む "BORDERLANDS 2の楽しみ方の1つ" »

2014-03-04

松明を設置するならどこかな?

通勤の際、毎日のように通りかかる場所があります。その光景を目にする度に某ゲームを連想していたりします。

続きを読む "松明を設置するならどこかな?" »

2012-11-14

マインクラフトにはまりそう…。

子供の頃にはレゴやプラモデル、工作に熱中したshukakuです。何かを作るのって楽しいですよね。今はソフトウェア技術者を生業としていますが、子供の頃からの延長線上にいるような気もします…。

さて、「何かを作る」という点で以前から気になっていたのが「マインクラフト」なるゲーム。巷では「マイクラ」と略すこともあり、ネットで検索すると様々な情報が。でもゲームとなれば、プレイ動画をみるのが分かりやすいということで、動画共有サイトで時々眺めていました。

続きを読む "マインクラフトにはまりそう…。" »

2012-08-19

Introversion Softwareのゲーム「Multiwinia」が面白いっ!

最近、MacOS版の「Steam」環境で、Introversion Softwareの「Multiwinia」というゲームを楽しんでいます。どんなゲームなのかはSteamストアの詳細ページで動画を見ていただくとわかりやすいでしょう。例えるなら、ボコスカウォーズ(古い?)、レミングス、ピクミンと言った感じ。小さいキャラクタを集団で操るものです。

続きを読む "Introversion Softwareのゲーム「Multiwinia」が面白いっ!" »

2012-08-07

Googleのトップページが懐かしのハイパーオリンピック風に。

2012-08-07_1154相変わらず、Googleの遊び心というか凝り具合は見事ですなぁ。検索ページのロゴが、一定の世代以上であれば一度は遊んだことがあるであろう「ハイパーオリンピック」風になってます。しかも実際に遊べちゃうというのがいいですな。キャラクタの動きが何かこう、良い感じです。

続きを読む "Googleのトップページが懐かしのハイパーオリンピック風に。" »

2008-05-17

しばしゲームとお別れ。

先日、テレビゲームのやり過ぎについて家族から注意を受けました。四十路なのにお恥かしい…。

言われてみたら思いの外、長時間に渡って熱中していたことに今更ながら気付きました。しかし、根っからゲーム好きの私ゆえ、適度に遊んで切り上げるというのがうまくいかない…。意思が弱いんでしょうなぁ。

他にやりたいこと・やるべきことが山積みなのに、それを放置して遊んでばかりというのはいかがなものか。自問自答するまでもありません。

そんな訳でいくぶん極端ではありますが、当分の間は一切のゲームから離れることにしました。まずはゲーム機本体(PS3とPSP)を手の届かないところへ、ということでオークションに出品中です。当ページの左側にあるリンクからオークションページへリンクしていますので、もしよければ覗いてみてください。

2007-12-29

実写というか実車というか…。

買い物でヨドバシカメラに行ったついでに、ゲームソフト売り場で各種のデモ映像を観てきました。その中で印象に残ったのがPS3用の「グランツーリスモ」のデモ。遠目には実写に見えますなぁ。数人のグループが実際に操作しているところも見ていましたが、遠景から眼前の舗装の様子まで実にリアル。うーん、大したもんです。まぁ、車のゲームは下手なので、もし自分でプレイしたら完走できないと思いますが…。

一応はソフトウェアの開発に従事している立場で見ていると、何だかぞぞっとしてきますね。処理速度、応答時間、データ容量、その他もろもろの条件をクリアした上で、プレイヤーが何をやっても異常な動作にならないというのは、私なぞには恐しく高〜いハードルに思えます。内部処理がどうなっているのか非常に気になる一方で、知らない方が幸せ?などと思ったり。自分が担当しているソフトウェアの開発で挫けてはいられませんなぁ。見習わなければ。

2007-12-25

PATAPON(PSP)

発売になったばかりのPSP用ゲームソフト。発表になった時から気になっていまして、その内容を紹介する動画を目にした時点で決意完了。発売日の夜、仕事帰りに入手しました。(^_^)

まだ始めたばかりなれど、遊んでみた感想はITmediaの記事にある一文に尽きます。

ところで、このゲームをプレイする時には1つだけご注意を。ずっと四拍子を取り続けているせいで、リズムが頭に残ってしまうのだ。パタポンたちの陽気な歌
声とともに脳裏にしっかりと刻まれる。その結果、突然パタパタパタポンと口ずさんだり、いつの間にか歩くリズムが四拍子になっていたり……。お気をつけあ
れ。
実際、通勤中に頭の中で4拍子を刻みつつ歩いている自分に気付いたりします。特に上り階段が危険(?)です。ちょうどゲームと同じテンポになることがあり、ついつい「パタ、パタ、パタ、ポン」と…。

昨今の3D表示を駆使したリアルな表現のゲームとは対極であろう平面アニメーションなんですが、これが思った以上に綺麗で楽しい!PSPの評価が変わるゲームかも知れませんよ。好みがあると思いますが、PSPユーザならぜひ一度は試してみて欲しいものです。ネットや店頭で体験版を入手できるようになるといいと思うんだけどなぁ。

2007-07-07

「ACE COMBAT6」は11月1日!

ITmedia  D Games:「ACE COMBAT6 解放への戦火」発売日決定

バンダイナムコゲームスのXbox 360用フライトシューティング「ACE COMBAT 6 解放への戦火」が11月1日に発売されることが決定した。価格は税込み7800円。

おー、発売日が決まりましたか。関係者(特に開発者)は大変なんだろうなぁ。もうほぼ完成していて、あとは微調整のみということであればともかく…。

それにしても今回の動作環境はXboxですか。PlayStation3版は出ないのかな?私のとってACE COMBATは「キラータイトル」ゆえ、場合によってはXboxも検討せねば。

(PlayStation3にも気になるゲームが増えつつあるので、悩みますなぁ。)

2007-05-16

好循環の好例?

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 「脳トレ」で研究棟建設…川島教授、監修料から3億円

「脳を鍛える」と銘打ったゲームソフトで知られる東北大加齢医学研究所の川島隆太教授(脳科学)が、昨年度に研究室に入った商品の監修料4億4000万円のうち、3億円で学内に新たな研究棟を建設した。

今年度も監修料として約3億円が見込まれており、さらに別の研究棟も建設する予定。

うーむ、お見事。欲が無いと言うか、研究に貪欲というか、いずれにせよ好循環の良い例と思えます。新たな施設での研究成果が今後の発展に貢献するんでしょうね。

ブログ内検索

2018年11 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005