« キャリーミーの輪行用カバーをダイソーで探してみました。(その3) | メイン | 水曜どうでしょう祭 UNITE 2013 チケット発売日でした。 »

2013-06-04

Ubuntuで日本語入力システムのアイコンが出ない場合

先日、古いノートPCにUbuntu 13.04をインストールする機会がありました。別のOSで動いていたものを完全に消去して、新規に最新版のUbuntuを入れることにしました。

インストール作業は問題が発生することなく、順調に進みましたが、ふと気付くと日本語入力システムのアイコンがタスクバーに出ていない…。現在の入力モードがわからないので、このままでは不便…。

以前、別のPCにUbuntu 12.04をインストールした際にも同じことがあって対処したはずなのに、当時の記録が無くてその方法がわからないという、情けない状況になってしまいました。

日本語入力システムには、Gogole日本語入力のオープンソース版である「Mozc」を、それが動作する基盤としてIBusを選択しましたので、それらをキーワードとしてGoogleで検索。でも「これ!」という情報をすぐには見付けられず、しばしネット上をうろうろ…。

入力モード表示を出すためのファイル書き換え(パッチ適用)という方法もあるものの、パッケージの更新を考えると、あまりやりたくない方法。それを避けつつ、ようやく見付けたのが「python-appindicatorパッケージの追加」という対処方法。そうそう、そんなことを以前にもやった気がします。

結局、python-appindicatorパッケージを追加して、一旦ログアウトしてから再度ログイン。これで無事に日本語入力モードの表示が画面の右下隅に出るようになりました。やっぱり今の入力モードを見て判別できないと不便ですね。


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a012877429a4e970c01901cf83081970b

Listed below are links to weblogs that reference Ubuntuで日本語入力システムのアイコンが出ない場合:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

この記事へのコメントは終了しました。

« キャリーミーの輪行用カバーをダイソーで探してみました。(その3) | メイン | 水曜どうでしょう祭 UNITE 2013 チケット発売日でした。 »

ブログ内検索

2019年4 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005