« 眠っていたLet's Noteが現役復帰した話 | メイン | 映画「ハンガー・ゲーム」の吹き替え版を観たくなる声優陣! »

2012-08-31

Cygwinでgit-svnを使い始めました。

私の勤務先では全社的にSubversion(SVN)を採用しています。開発したソフトウェアのソースコードはSVNのリポジトリを介して保管・共有します。

ただ、個人的にはgitを愛用中でして、できればSVNよりはgitを使いたいな、と。そこで以前から試そうと思いつつ保留していた「git-svn」を試すことに。

SVNクライアントとしてWindowsではTortoiseSVN、Linuxではsvnコマンドを使ってきました。gitについてはgitコマンドに統一しています。GUIより使いやすく感じるので。

WindowsではCygwin環境でgitコマンドを使用。作業の節目にSVNリポジトリとの同期を実施。それ以外の場面では普通にgitのローカルリポジトリを操作。SVNのことはあまり意識せずに使えています。

ただ、ちょっと手間取ったのがSVNリポジトリからの取得(クローン作成)。取得元のリポジトリには認証が必要なので、git-svnでもパスワード入力を要求してくるはず…なのにエラー。

エラーメッセージによると「Term::ReadKeyというPerlのモジュールがない」とのこと。Cygwinのパッケージでインストールしようと思いましたが、該当する物を見つけられず、断念。探し方がまずかったかな?

で、PerlのことならCPANでしょう、ということでcpanコマンドを起動。該当するパッケージのインストールを指示したところ、あっさりとインストールが完了。さすがはCPANだなぁ…。

git-svnのエラーが解消して、SVNリポジトリへのアクセスは無事に動作。リポジトリからのクローン作成もすんなり終わりました。ログを参照したり、差分を確認したりして、gitとしてのリポジトリにアクセスして一安心。

これでサーバ上のSVNリポジトリには影響しない、ローカルマシン上のgitリポジトリを確保できたので、安心して試行錯誤用のブランチを切ったり、変更途中の状態をcommitしたりできます。SVNの場合、自分用のブランチを切ったとしても、中途半端な状態をサーバにcommitしたくないんですよね。

そしてますます、gitが手放せなくなる今日この頃です。SVNを使える人ならgitにも対応できるはず。便利だったり興味深かったりしますので、ぜひお試しを。

関連記事


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a012877429a4e970c0177446be9a0970d

Listed below are links to weblogs that reference Cygwinでgit-svnを使い始めました。:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

この記事へのコメントは終了しました。

« 眠っていたLet's Noteが現役復帰した話 | メイン | 映画「ハンガー・ゲーム」の吹き替え版を観たくなる声優陣! »

ブログ内検索

2018年11 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

このブログについて

フォトアルバム 「Sai10 Sight」は"私(Sai10=さいとう)の視界(sight)"というつもりで、"サイト サイト"と読みます。 ハンドル名は"shukaku"です。 独自ドメインを設けてありますので、トップページへのリンクは"http://www.sai10.nu/"へお願いします。 メールアドレスはプロフィールのページにあります。

ブログ powered by TypePad
登録年月 10/2005